スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口蹄疫 重野氏「初動の遅れ、農水相に責任」(産経新聞)

 社民党の重野安正幹事長は20日の記者会見で、宮崎県での家畜伝染病・口蹄(こうてい)疫の拡大をめぐる赤松広隆農林水産相の対応について「(被害が)なぜ大規模になったのかが問題。初動対応の遅れはあったのだろう。政府の責任は当然ある」と述べた上で、「所管大臣の初動に不十分さがあったのなら責任は取らねばならない」と述べ、赤松氏の責任問題は不可避との見解を示した。

 また同党幹部は同日、赤松氏が外遊中に農水相の臨時代理を務めた同党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相についても「『第一に赤松、第二に福島』の責任になっても仕方ない」と語った。

【関連記事】
口蹄疫 「赤松農水相らの対応は見苦しい」 自民・石破氏
口蹄疫 埋める場所、“司令塔”不足 殺処分まだ半数
口蹄疫問題「責任問題より迅速措置が大事」 鳩山首相
口蹄疫拡大 赤松農水相「初動の遅れない」
口蹄疫対策、今ごろ本腰…危機感欠如の政府に批判
中国が優等生路線に?

<NHK>受信料滞納で初の強制執行へ (毎日新聞)
インドの82歳男性「70年以上食事せず」 驚異の体、解明なるか(産経新聞)
評判の女医、実は無資格…高校球児も利用(読売新聞)
組長と不適切な交際、警官2人を懲戒免職(読売新聞)
雑記帳 伊達政宗から18代目の当主 新茶初摘みに挑戦(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。