スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<諫早湾干拓>開門調査へ…検討委が28日に報告書提出(毎日新聞)

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)について、政府・与党の検討委員会は27日夜、非公式会合を開き、有明海の環境悪化の影響を調査するため、潮受け堤防の排水門を開くべきだとの結論で合意した。28日午後、赤松広隆農相に報告書を提出する。赤松農相は検討委の結論を尊重し、近く開門調査の方針を表明する見通し。「無駄な公共事業の象徴」と評され、地元の賛否が対立してきた事業は、大きな転換点を迎えた。

 開門調査は、有明海の漁業被害・不振が潮受け堤防の閉め切りの影響とみる佐賀、福岡、熊本各県の自治体や漁業関係者らが求めてきた。一方、長崎県では一部の漁業者が開門要望に転じたが、営農者や県などは、防災機能の低下や塩害などを理由に反対している。

 検討委は今年3月に設置。郡司彰副農相を座長に、地元4県の与党議員らで構成。関係者へのヒアリングなどを重ねてきた結果、反対派委員も同意した。

 赤松農相は「現地では夏の参議院選挙の争点となる」として、参院選前に方向性を出す意向を表明していた。【佐藤浩】

【関連ニュース】
諫早湾:干拓事業開門 政府・与党検討委初会合
井上ひさしさん死去:梅原猛さん、奥平康弘さんの話
門は開くか:有明海再生の願い/下 不安 /佐賀
門は開くか:有明海再生の願い/上 確信 /佐賀
県市長会:会長に田上・長崎市長 /長崎

強制わいせつ「市民の処罰感覚で」懲役8年判決(読売新聞)
<有料老人ホーム>「頭取り」廃止へ 静岡の運営会社(毎日新聞)
ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き-日航(時事通信)
<チェルノブイリ>医師派遣協力求め25日に報告会 広島(毎日新聞)
滝桜 夜空に樹齢1000年 福島・三春(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。